自分のシャンプー剤

シャンプー剤を選ぶときの基準はなんでしょうか?香りも重要です、いつも使うものですから金額も重要ですよね。
パッケージに書いてあるコンセプトにも注目してしまいます。
選ぶ基準はたくさんあるのですが、スキンケア製品に対して、ヘアケア製品の基準や、クチコミ、試供品などといったことが、とても蔑ろにされているような気がします。
購買者の選び方も、その為に適当になってしまっているようです。
実際、化粧品のサンプルに比べても、シャンプー剤のサンプルって、とても少ないように感じませんか?
どんなにいいシャンプー剤でも、自分に合ったものでなければ意味はないですし、直接地肌に触れるので、合わなければトラブルの原因にもなってしまいます。
それをチェックするのがパッチテストです。
市販のシャンプー剤は、安全性の高いものがほとんどになっています。
このテストの意味は、アレルギーを起こさないかということはもちろんですが、そのシャンプー剤の清浄力強さも知らなければいけないと思います。
ここでは、清浄力の強さのテストに仕方を紹介します。
実際にテストしてみましょう。
濃い色の口紅で手の甲に100円玉サイズの大きさに塗ります。
指先に1滴たらしたシャンプーで、その口紅で描いた部分を軽く円を描くようにこすります。
あとっは、ティッシュで拭き取ります。
テストは以上です。
10秒以内で口紅が溶けるように広がり、口紅とシャンプー剤が馴染んだら、かなり清浄力の強いシャンプー剤ということがわかります。
10~20秒でなら、清浄力の強いシャンプー剤、20~30秒なら適度な清浄力のシャンプー剤、それ以上かかるなら清浄力の弱いシャンプー剤ということになります。
シャンプー剤の清浄力の強さによって、シャンプーにかける時間を変えないと、髪に優しい洗髪はできません。
清浄力の強いもので、長時間洗っていたとしたら、髪にも頭皮にも大きなダメージを与えてしまうことになります。
シャンプーの清浄力にあったシャンプーの速度を知らなければいけません。