パーマ、ヘアカラー用の洗髪

美容室でかけたパーマやヘアカラーは長持ちしていますか?長持ちしないのがいつものことだったら、その原因はパーマやカラーリングよりも、そのあとの自宅でのヘアケアに問題があるのかもしれません。

パーマもカラーリングも、髪に定着するまでにいくらかの時間がかかります。

髪にしっかりと定着する前に、いつもと変わらない洗髪をしてしまうと、定着状態にある髪がリセットされてしまいます。

そして、せっかくかけたパーマやカラーリングの持ちが悪くなってしまうのです。

パーマヘアの場合は、このパーマが数日でゆるくなってしまうのも、2ヶ月きれいに持つのも、パーマをかけてからの2日間の洗髪によります。

パーマの持ちは、ドライヤーやブラシのかけすぎでも悪くなってしまうのですが、洗髪が一番重要です。パーマをかけてからの2日間の洗髪の仕方を紹介しましょう。

・洗髪前のかけ湯は、いつもと同じように行ってください。
・シャンプーは、まず頭皮を中心に洗い、泡で髪を包み込むようにし、髪を引っ張らないようにしてくしゅくしゅと優しく揉み洗いをします。
・すすぎはしっかりと、パーマのかかっているところから、優しい水流でそっとすすいでいきましょう。
・頭皮に残っているシャンプー剤は、全体をすすぎ終わってから、すすぎましょう。

カラーリングの場合は、色によって持ちは違います。あと、カラーが髪に定着するまでに約1週間かかりますので、この期間の洗髪によって、持ちが倍以上違ってきます。

こちらの持ちをよくする方法は簡単です。洗髪の時の、シャンプー後のすすぎ時間を長くするだけなのです。西葛西の美容師たちもこれだけはしっかり守ってます!

少しの知識を持つと持たないのでは、大きな違いがありますよね。