頭皮の角質ケア

新陳代謝が正常に行われている肌では、ターンオーバーがきちんと行われ、新しい細胞が下から押し出され、古い角質が剥がれ落ちて、その下から新しい表皮が生まれてきます。
このサイクルは基本的には28日といわれていますが、老化とともに少しづつサイクルが長くなります。
そのうえ、角質自体も未熟なものが新陳代謝によって生まれてきます。古い角質も剥がれ落ちにくくなり、肌の表面にとどまったままだったりします。
他にも、運動不足や食生活習慣が乱れると、新陳代謝のバランスが崩れてきて、ターンオーバーのサイクルも遅くなるのです。
これらのことが原因となり、古い角質が表皮から剥がれ落ちずに、どんどん分厚くなってしまうのです。
このターンオーバーは、顔の皮膚だけではなく、身体中の皮膚や頭皮でもおなじことが起きているのです。
頭皮については、角質層が厚くなると、顔にニキビができたり吹き出物ができたりするのと同じように、頭皮の毛穴が詰まる原因になってしまうのです。
頭皮は、毛穴の皮脂腺から皮脂がほどよく分泌されるために、表面が弱酸性に保たれ、肌を保湿し、雑菌や紫外線から守られているのです。
しかし、この毛穴が詰まると皮脂バランスが崩れて、頭皮が臭うようになったり、頭皮のコンディションも悪くなり、抜け毛やたるみの原因となってしまうのです。
西葛西のサロンでもそういったお客様は多いので、心配しないでくださいね!
このトラブルを防ぐ為には、ブラッシングをすることです。
古い角質を取り除き、新陳代謝を促進してくれるマッサージ効果があるのです。
ただし、美容室で施術したパーマ、カラーリング仕立ての人は、頭皮が敏感になっているので、1週間ほどは、ブラッシングを避けてください。ペースは週に1回、気持ちの良い程度に行ってください。

洗髪時間のバランス

一日の過ごし方によって、シャンプーの時間を変える必要があります。

その日その日の汚れの度合いによって、いつもよりシャンプー時間を多くしたり、外出しない日はさっとシャンプーを終わらせるといった具合にするのです。
いつも同じ洗い方という方法は、実はとても危険なのです。

必要以上にシャンプーしてしまい、過剰に皮脂を洗い流してしまったり、
反対にさっと終わらせすぎて、皮脂や汚れが残りすぎて酸化してしまったりすると、髪も頭皮も痛めてしまうことになるのです。
過不足なく洗うこと、これが大切です。

洗髪には、シャンプーに費やす時間の黄金比率というものがあります。

一般的に、室内にいた日やスタイリング剤をほとんどつけていない、ほとんど汚れていないという日には、
シャンプー剤をつける前のかけ湯を約60秒とり、そのあとのシャンプー時間を約20秒かけ、最後のすすぎには、たっぷりと時間をかけて約80秒ほどかけて、丁寧に流しましょう。

外で活動した、汗をかいた、土埃がついている、スタイリング剤をたっぷり使ったなど場合は、シャンプーの時間配分を変えます。

かけ湯の時間を少し短めにして、シャンプーの時間を倍にするといいでしょう。

ただし、このシャンプー時間は目安ですので、とにかく、かけ湯とすすぎには、シャンプーの倍の時間をかけるということは、
守りましょう。このシャンプー時間の中に、シャンプーを丁寧に泡立てたりする時間は含まれていません。

自分のシャンプー剤

シャンプー剤を選ぶときの基準はなんでしょうか?香りも重要です、いつも使うものですから金額も重要ですよね。
パッケージに書いてあるコンセプトにも注目してしまいます。
選ぶ基準はたくさんあるのですが、スキンケア製品に対して、ヘアケア製品の基準や、クチコミ、試供品などといったことが、とても蔑ろにされているような気がします。
購買者の選び方も、その為に適当になってしまっているようです。
実際、化粧品のサンプルに比べても、シャンプー剤のサンプルって、とても少ないように感じませんか?
どんなにいいシャンプー剤でも、自分に合ったものでなければ意味はないですし、直接地肌に触れるので、合わなければトラブルの原因にもなってしまいます。
それをチェックするのがパッチテストです。
市販のシャンプー剤は、安全性の高いものがほとんどになっています。
このテストの意味は、アレルギーを起こさないかということはもちろんですが、そのシャンプー剤の清浄力強さも知らなければいけないと思います。
ここでは、清浄力の強さのテストに仕方を紹介します。
実際にテストしてみましょう。
濃い色の口紅で手の甲に100円玉サイズの大きさに塗ります。
指先に1滴たらしたシャンプーで、その口紅で描いた部分を軽く円を描くようにこすります。
あとっは、ティッシュで拭き取ります。
テストは以上です。
10秒以内で口紅が溶けるように広がり、口紅とシャンプー剤が馴染んだら、かなり清浄力の強いシャンプー剤ということがわかります。
10~20秒でなら、清浄力の強いシャンプー剤、20~30秒なら適度な清浄力のシャンプー剤、それ以上かかるなら清浄力の弱いシャンプー剤ということになります。
シャンプー剤の清浄力の強さによって、シャンプーにかける時間を変えないと、髪に優しい洗髪はできません。
清浄力の強いもので、長時間洗っていたとしたら、髪にも頭皮にも大きなダメージを与えてしまうことになります。
シャンプーの清浄力にあったシャンプーの速度を知らなければいけません。

プロ技洗髪

美容室で洗髪してもらうと、髪がしっとりとしていて、つやつやしています。
これはシャンプー剤のいいものを使用しているということもありますが、それだけではないのです。
プロの洗い方とすすぎ方が、その髪を作っているのです。
そんなに高級なシャンプーでなくても、自宅で使っているシャンプー剤で、このプロの洗い方とすすぎ方を実践すれば、
確実に髪と頭皮へのダメージは減り、美肌へと近づくことができます。西葛西のサロンでも実践している方法なので、オススメです!
まず、洗髪の姿勢ですが、上を向いて洗いましょう。
シャンプー剤が下へと流れ落ちてしまい、顔がシャンプー剤だらけになってしまいます。これは、肌にとっていいことではありません。
次に、髪への摩擦を避けるために、髪を十分濡らしてから、シャンプーを始めましょう。
2、3分、じっくりと髪を濡らし、髪全体に水が行きわたらせましょう。
そうすることで、摩擦を防ぎ、シャンプー剤の髪の芯への侵入を抑えることができます。
濡らしたあとは、手でしっかりと水気をきります。
このプロセスを踏むことによって、きめ細かな泡を作り摩擦を更に抑えます。
シャンプー剤を手に取り、手でしっかりと泡立ててから、耳の上、後頭部、頭頂部の順に泡をつけて洗います。
この洗うというのは、マッサージするように行いましょう。力を入れすぎないで、頭皮を優しく押し上げるように洗います。
すすぎも、洗うときと同じように上を向いて行います。耳の後ろなどは、すすぎ残しをしやすい場所なので気をつけて流しましょう。
洗髪後は、こすらないで優しく水気を取るようにしましょう。こすると、キューティクルが一瞬で傷んでしまいます。

頭皮のたるみを抑える

間違ったシャンプーやトリートメントを続けていると、髪や頭皮を傷めるだけではなく、一枚の皮膚でつながっている顔にまでダメージを与えてしまいます。
間違ったヘアケアのために、頭皮をたるませないため、顔の皮膚までたるませないために、正しいヘアケアを行いたいものです。
顔と皮膚は別のものであると考えて、顔のスキンケアは熱心にしているのに対して、ヘアケアは疎かにしがちですよね。
けれど、頭皮と顔の皮はつながっているのですから、少し考えただけで頭皮の老化は顔の皮膚の老化だと、気がつきます。
重力に従い、たるんだものは上から下へと下がります。
ということは、頭皮がたるむと顔の皮膚にまでたるみが及び、シワができ、老けた印象の顔になってしまうということです。
スキンケアを頑張っているのに、顔のたるみが気になる場合は、顔よりも頭皮のほうに原因があって、たるみが起きているのかもしれません。
頭皮も肌質に合ったヘアケア用品を選ぶことも、重要です。
間違ったヘアケア用品を選んでいれば、頭皮が乾燥しやすくなり、
フケやかゆみが起きている程度ですめばいいのですが、シワやたるみが起き、それが顔の方まで広がっていくのです。
洗髪で大切なのは、自分の肌質を知り、季節によっての洗い方と流し方を変えることなのです。
季節によって変わる新陳代謝、湿度の変化などによって、洗い方流し方を変えることができれば、肌年齢も、髪年齢も、若くなることができるでしょう。

髪の老化を緩やかに

ほとんどの人が、毎日、洗髪をしていると思います。この髪を洗うというヘアケアが、髪の美しさを決める大きなポイントとなるのです。

これは、美容室に置いてあるような高価なシャンプー剤やトリートメント剤を使うということではなく、問題になるのは使い方にあるのです。

ケアケアには、洗髪こそ一番大切なのです。

洗髪についてですが、あなたのヘアケア習慣をチェックしてみて下さい。
・自分の髪質、肌質について、よくわからない。
・かみをあらうときには、うつむいて洗っている。
・パーマ、カラーリングのあとも、シャンプーの仕方は同じである。
・頭皮の角質をケアしない。
・洗髪のまえに、鏡で髪の状態をチェックしていない。
・季節やその日の過ごし方によって、洗髪の仕方を変えたりはしない。
・シャンプーをする時間と、すすぐ時間では、シャンプー時間の方が長い。
・シャンプー後に、髪を乾かすとき、タオルでこするようにして拭き取っている。
・夜、洗髪をしない日の方が多い。
・シャンプーをする時には、頭皮も髪もこすり洗いをする。

これらのことは、洗髪するうえで、髪や頭皮にダメージを与えることです。美容室でもこういったお客様はとても多いので、心配なんですよね。

当てはまれば、当てはまるほど、髪や頭皮、顔の肌にまで、過酷な状態を強いているということです。

当てはまるものが3項目以下なら、いまのままの洗髪で問題はなく、アンチエイジングにつながります。
4~7項目が当てはまる場合は、今は、髪や頭髪の痛みに実感はないかもしれませんが、このままでは痛みは確実に進んでしまいますので、ケアの方法を改善しましょう。
8項目以上が当てはまってしまった場合は、洗髪によって髪のうるおいは失われ、つやもなくなってしまっている可能性が大きいです。

このまま続けていると、将来、抜け毛が起こり、髪と頭皮の老化が起こり始めます。どうか、正しい洗髪を実践しましょう。